離婚の条件の決め方:最低条件

離婚の条件の決め方:最低条件

あとは、あんはん次第
ほんで、最低を決めておく必要が次に明らかになるん
万一、配偶者から50万円しか払う気は無いと言われたら、あんはんは間違いなく腹を立てるでっしゃろ?
そういう場合は、200万円以下なら妥協せんちうオノレへの取り決め事項が役に立つの
まさしく、200万円以下の金額なら「調停」を申し立てる、とか、「最終的には裁判を起こす」ちう「切り札」が使えるではおまへんかぇ?
ようけの人が、「切り札」を最初に使って、いつまでも「揉め事の世界」から抜け出ることがでけへんちう現実をわいは何度も見てきたんやよ。

サンプル的に話し方を書いておきましょ。
「今回離婚をすることになりんしたんやが、原因はあんはんが浮気をしたことにあるんわいは、慰謝料としてあんはんへ500万円を支払って欲しいと思うで。」
「そないなに払えるわけへんやろう」
「そうやろか、あんはんが誠実に謝罪するちう気持ちがあるならわいにも交渉の余地はあるつもりあんはんは、今回の件をいったいなんぼの金額で解決したいと思うのやろかぇ?」
「いや、100万円なら・・・」
「そうやろか、それなら交渉の余地はおまへん。わいは、あんはんに受けた精神的な苦痛の度合いから考えれば最低でも250万円はもらいまへんと納得ができまへん。お互いに意見をすり合わせることはできそうもないので、調停を申し立てぇ。ほんで、あんはんの浮気相手にも
責任を追及しまっから、そのつもりでいておくんなはれ。」
こなたのように交渉を進めていけばどうでっしゃろ?

あんはんが、きっぱりした態度を取れば取るほど、浮気をした配偶者が追い込まれてゆくちう構図になるだけ早く慣れて欲しいと思うで。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。