離婚の条件の決め方:決定権の重要性

離婚の条件の決め方:決定権の重要性
よくあるのが、すべての決定権を、浮気をした配偶者に任せてしまって、オノレの思い通りにならへんと文句を言うこと
こういう人は、オノレの希望や立場を明確にせんことが揉め事を長引かせとるちうことに気がついておらへんことが多いの

慰謝料をおくんなはれとだけは言おるけどダンはん、浮気をした配偶者が「では200万円を支払いましょ」と、おっしゃると、「あんはんはわいのことを何だと思ってるの?」と文句を言いわ。
ほんで、「ではなんぼ払えば納得できるのかぇ?」と聞くと、たいてい、「あんはんが悪いと思った分だけ払っておくんなはれ」とか、「わいを納得させる金額を払っておくんなはれ」と言いわ。

つまるところが 、浮気をした配偶者は、丸裸になるまでは許せへんのや
もともと浮気をするちう行為自体に、「あんはんの期待した誠実さ」を配偶者が持ち合わせていなかったちう事実を目の当たりにしながら、オノレの今後の人生を決定する離婚の条件の話だけは、配偶者の誠実さに任せるやらなんやらと、おっしゃることが、明らかな矛盾なのだと気がつけば、オノレがしっかりと交渉の矢面に立つちう勇気が沸いてくると思うでよ。
おゆるしなんしね、ちーとばかしきつい言い方やったぇ。
せやけどダンさん、例え配偶者による裏切りで傷ついとったとしても、しっかりとオノレの足で立っていて欲しいの
それが、あんはんの為なの
わいは、ほんの僅かなご縁であっても、わいが書いたものを購読してくださっとる皆はんが「癒されること」「自己成長すること」を望んでいわ。
実は、『癒されること』『自己成長する』ことには、どエライ痛みが伴いわ。
その高き壁を乗り越えるお手伝いができれば、最高だとわいは思うのやろから、時にはキツイ言葉も出てしまうの

離婚の条件の決め方:最低条件

離婚の条件の決め方:最低条件

あとは、あんはん次第
ほんで、最低を決めておく必要が次に明らかになるん
万一、配偶者から50万円しか払う気は無いと言われたら、あんはんは間違いなく腹を立てるでっしゃろ?
そういう場合は、200万円以下なら妥協せんちうオノレへの取り決め事項が役に立つの
まさしく、200万円以下の金額なら「調停」を申し立てる、とか、「最終的には裁判を起こす」ちう「切り札」が使えるではおまへんかぇ?
ようけの人が、「切り札」を最初に使って、いつまでも「揉め事の世界」から抜け出ることがでけへんちう現実をわいは何度も見てきたんやよ。

サンプル的に話し方を書いておきましょ。
「今回離婚をすることになりんしたんやが、原因はあんはんが浮気をしたことにあるんわいは、慰謝料としてあんはんへ500万円を支払って欲しいと思うで。」
「そないなに払えるわけへんやろう」
「そうやろか、あんはんが誠実に謝罪するちう気持ちがあるならわいにも交渉の余地はあるつもりあんはんは、今回の件をいったいなんぼの金額で解決したいと思うのやろかぇ?」
「いや、100万円なら・・・」
「そうやろか、それなら交渉の余地はおまへん。わいは、あんはんに受けた精神的な苦痛の度合いから考えれば最低でも250万円はもらいまへんと納得ができまへん。お互いに意見をすり合わせることはできそうもないので、調停を申し立てぇ。ほんで、あんはんの浮気相手にも
責任を追及しまっから、そのつもりでいておくんなはれ。」
こなたのように交渉を進めていけばどうでっしゃろ?

あんはんが、きっぱりした態度を取れば取るほど、浮気をした配偶者が追い込まれてゆくちう構図になるだけ早く慣れて欲しいと思うで。

離婚の条件の決め方

離婚の条件の決め方

・離婚の条件を決めるとき、どうすればええかぇ?

離婚の条件を決めると言っても、実際のトコそうようけの決め事があるわけではおまへん。
はっきり言えば、「お金」の分担と、「子供衆」の養育さえ決まってしまえばええの

では、お金の面から見てゆくことにしましょ。
お金の問題は、きょうびいろいろなテレビに弁護士が出て話をしておるさかいに、既に皆はんがご存知かと思うで。
浮気の慰謝料はだいたい100万円から200万円が弁護士の考える相場のようやぇ。
実際は、「あんはんが妥当だ」と思う金額で請求をかけて構いまへんの
ほんで、慰謝料には明細書は必要ないちうことも覚えておきましょ。

興信所になんぼかかって、弁護士になんぼかかって、引越し代金になんぼかかって・・・ちうのは、あんはんの胸の中だけで考えればええの
慰謝料は、あくまでも総額なんぼ?の世界
ほんで、交渉ごとの常やけどアンタ、最初は大き目の金額で入ってゆくこと
わいは、「最高」と「最低」の両方の金額を決めることをいつなるときもアドバイスし。
もちろん、もらえるならなんぼでももらいたいちうのは人情

せやけどダンさん、明確な金額を提示せんと、いつまでも金額の争いごとから脱出できまへん。
それなら、いっそ慰謝料を500万円おくんなはれ
と言い切ったほうが潔い

ほんで、
「そないなには払えへん」
「世間的に見て高額すぎる」
やらなんやらの浮気をした配偶者からの言葉に耳を傾ければええの
誤解せんでおくんなはれぇ。
耳を傾けるのと、おっしゃることをきくちうのは「ちゃう」ことなのやろから。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。